バラマンカーの外装が新しくなりました!

先日バラマンカー(デモカー)の外装をリニューアルしました。

東京本社のバラマンカーは導入からもう12年。 営業範囲は関東、東北、北海道。縦横無尽に活躍しておりましたが、寄る年波でさすがに外装はキズだらけに。
これを機会に、外装修理とともに側面の画像デザインも一新しました。

※ちなみに今回のブログ投稿者がデザインを任されました。 事前に話だけは聞いていたとはいえ、鈑金屋さんとの打合せから画像デザインの納入はなんと4日後!
2日でデザインを作成し社内意見を聞いて確定して、何とか納期に間にあわせられました。(当方営業企画で会社IT担当でPCにはAdobe Creative Cloudも入っていますがグラフィックデザインは素人なのです。今回は裏技的に元デザイナーの妻の意見を聞きながら何とか完成にこぎ着けました。)

 


 ←従来デザインはこちら

 

 

☆バラマンカーは、弊社バランサのデモを行えるデモカーです。

    

エア式のBMG-38W、電動式のBMi2S-50。それに吸着やクランプなど各種アタッチメントを搭載しております。
バランサってどういう風に動くのか実機で見る事で納入イメージが格段に掴みやすくなります。

ご要望がございましたら直ぐさまお伺い致しますのでご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

「安全」も一緒に出荷しています

8月もラスト1日 秋らしさが感じられるようになってきましたね

工場に出向くと入口にはこんな表示が・・・

暑さの中安全作業で頑張っている仲間たちが安全意識をもって

毎月達成し続けている

「無事故・無災害」の緑十字です

今日で連続3452日!

2013年10月には第一種無災害記録160万時間を達成し

次のポイント240万時間に着実に進んでいるところなんです

ロビーには今月のスローガン

従業員全員から募集したものが月ごとに掲示されます

8月はこんな感じでした↓ さて来月は何かな

 トーヨーコーケンでは安全に対する気持ちも入れて

製品が出荷されていきます

最近工場の安全対策が厳しくなり、作業者の方の作業環境を良くしたり

安全対策を追加したいなど、お客様からのご相談も多くあります

お客様そして仲間のみんな笑顔で今日もお仕事終われますように(^^)

トーヨーカネツグループ・ファミリー参観日2017

先日7/28、トーヨーカネツで開催された社内向けイベント・ファミリー参観に参加。イベントを盛り上げるべく、弊社の機械・ベビーホイスト・バラマン・ジラフを出品。来場する子供向けに出品方法をアレンジしてイベントを盛り上げました。

カーボンブラシの点検方法

ベビーマイティ MA-650 シリーズ
カーボンブラシの点検方法

今回はお問い合わせの多い、MA-650 シリーズのモータのカーボンブラシの点検方法を紹介します。

カーボンブラシはウインチを使用すると徐々に短くなっていきます。
短くなったまま使用していると故障の原因になりますので、ときどき点検しましょう!

STEP-1 電源プラグが抜けていることを確認しましょう


当たり前ですが最も重要なことです! しっかり確認しましょう。

STEP-2 制御器カバーを外しましょう

    
プラスドライバーでネジを4本外し、制御器カバーを取外します。

STEP-3 モータ線を外し、制御器をモータカバーから取外しましょう

これからモータ線を外していきますが、その前にどこにどのリード線が接続されているかメモしておきましょう。

    
穴から出ている4本のリード線がモータ線です。
まずはモータ線を固定している結束バンドを切ります。


次に整流器から3本のモータ線(赤色・黒色・茶色)を引き抜きます。

    
そしてプラスドライバーでネジを外し、モータ線(青色)とつながっているリード線(白色)を取外します。
これで全てのモータ線が制御器と切り離されました。

    
最後にプラスドライバーでネジを2本外し、制御器を取外します。
モータ線を穴から出すときは、無理せず1本ずつ出しましょう。

STEP-4 モータカバーを取外しましょう

    
ボルトを4本外し、モータカバーを取外します。
こちらも無理せず1本ずつモータ線を穴から出しましょう。

STEP-5 カーボンブラシを取出しましょう

    
まずはモータの黒いキャップをマイナスドライバーで外します。
キャップを外すとカーボンブラシのバネが飛び出しますので、指でつまんで引き抜きます。
このとき、カーボンブラシの裏表が分からなくならないように注意して下さい。
反対側にもカーボンブラシがありますので、忘れずに取り出します。
なお、長期間使用しているとカーボンブラシがくっついて取外せない場合があります。
そのときは最寄りの当社指定協力工場に連絡して下さい (-_-;)

STEP-6 モータ内部を清掃しましょう

    
プラスドライバーでネジを2本外し、モータ横のカバーを取外して内部が見える状態にしましょう。
ある程度使用するとカーボンブラシの摩耗粉が内部に溜まってきますので、エアで吹き飛ばしておきましょう。
この摩耗粉がたくさん溜まると、モータの絶縁抵抗が低下して漏電するおそれがあります!

STEP-7 カーボンブラシを点検しましょう


カーボンブラシの長さをノギスで測ります。
6mm 以上あれば、裏表を最初と同じにして戻して下さい。
どちらか片方でも6mm 未満になっていたら、両方とも交換して下さい。

カーボンブラシはある程度使用してから裏表を逆にすると、寿命が短くなる恐れがあります。
規定では 6mm 未満で交換としていますが、カーボンブラシは短くなるほど減りも早くなりますので早めの交換がオススメです。
交換する際には必ず当社純正品をご使用下さい!

 

負けられない戦いがここにある…。第2回コーケンカップ開催!

当社主催のフットサル大会『コーケンカップ』が5月21日(日)に開催されました‼‼

 

今回で2回目となるコーケンカップは、山梨県内の様々な企業と親睦を深め

スポーツを通して山梨県を活性化させることが目的として開催されました。

 

試合内容は総当たり戦、勝ち点の多いチームが優勝となります‼‼

優勝チームには輝かしい優勝トロフィーと景品が授与されます‼‼

 

記念すべき第1回コーケンカップは「山梨県庁 様」が優勝杯を手にしましたが

今回はどのチームが優勝杯を手にするのか、激戦を繰り広げました参加企業(チーム)は以下の6チームです‼‼

①富士通アイ・ネットワークシステムズ(株)様

②太陽の恵み

③(株)甲府大一実業

④山梨ユニフォーム(株)様

⑤トーヨーコーケン(株)チーム製造

⑥トーヨーコーケン(株)チーム事務所

 

試合当日は天候に恵まれフットサル日和で、選手の皆さんも燃えていました🔥‼‼

当社の2チームも日々のサークル活動で練習を重ね、試合に臨みました。

決勝戦はトーヨーコーケン チーム製造VS富士通アイ・ネットワークシステムズ 様

との激戦が繰り広げられました。

 

結果は…。

トーヨーコーケン チーム製造が優勝しました☆彡‼‼

ブログを書いている私は…。

トーヨーコーケン チーム事務所に所属していましたが

第1試合、ゴールに向かい走っていたところ、ブチッ。

足を負傷し戦線離脱いたしました💦

しかしチームは試合に勝利し、コーケンカップで初勝利を手にしました‼‼

私は後日、足にギブスを装着しました。

今回第2回コーケンカップに参加していただきました企業様、ありがとうございました。

今後もコーケンカップを開催していきますのでご参加の程お願いいたします。

 

次回コーケンカップは7月に開催予定です。

詳細を知りたい、参加希望がある又は興味がある企業様(チーム)が居ましたら、

コーケンカップ主催者:製造部 平澤 TEL.055(282)5581 までご連絡ください。

 

次回はどんな熱き戦いが繰り広げられるのか楽しみです。

 

« Older posts

© 2017 TOYOKOKEN

Theme by Anders NorenUp ↑