タグ: マイティプラー

電源電圧の低下が巻上機に与える影響

お久しぶりです、久々の技術情報をお届けします。

突然ですが皆さん、当社製品の場合は電源電圧の許容値は±10%ですが、気にかけていただいているでしょうか?
電源電圧は大きく分けて停止時・始動時・ 定常時の3段階で変化しますので、この3段階で常に許容値に収まるようにして下さい。
ちなみに流れる電流が大きくなるほど電圧は低下します。
今回は電源電圧の低下がウインチやホイストにどんな影響を与えるか紹介していきます。

CASE 1 : DCモータで動く製品(ベビーホイストやベビーマイティなど)の場合

電源電圧が低下すると、それに比例して運転速度が低下します。なお、始動電流と始動トルクも低下しますが、定常電流(速度が一定のときの電流)は電圧に関係なく負荷が増えると大きくなります。また、極端に電源電圧が低下すると制御器が機能しなくなり、動作しなくなります。

注意 電源電圧が高いと、それに比例して運転速度が上がりますので、昇圧トランスを利用して電源電圧を高くする方がいます。しかし、許容電圧を超えて劣化や故障の原因になることがありますのでお勧めしません。

CASE 2 : 誘導モータで動く製品(マイティプラー)の場合

DCモータで動く製品と違い、電源電圧が低下してもほとんど運転速度は変化しません。しかし、始動電流と始動トルクは低下します。(電圧が10%低下すると始動トルクは19%低下します)始動トルクが低下すると、荷を持ち上げてから加速して一定速度になるまで時間がかかったり、荷を持ち上げることができなくなり、最悪の場合はモータやブレーキが焼損します。
また、三相誘導モータの始動電流は定格電流の6~8倍にもなりますので、それに応じて電源電圧も低下します。WK55X以外のマイティプラーは無励磁作動形電磁ブレーキ(バネでブレーキをかけ、電磁石でブレーキを解放するタイプ)ですので、極端に電圧が低下しているとブレーキを正常に解放できなくなり、この場合も荷を持ち上げることができなくなります。
定格荷重以下にもかかわらず始動に時間がかかったりブレーキがチャタリング(電磁石が吸着と解放を繰り返す状態)したら、電源電圧が極端に低下しているサインです。

電源電圧の低下を抑えるには…

安易な電源ケーブルの延長 や電源容量不足、複数台の同時運転(特に同時始動)により電源電圧は低下しますので注意して下さい。 電源ケーブルを延長したい場合や発電機で運転したい場合は、取扱説明書やこちらの下方を参照して適切に選定して下さい。

第2回次世代火力発電EXPOに出展決定

2月末より東京ビッグサイトで開催される第2回次世代火力発電EXPOに出展致します。出展物は大型ウインチの「マイティプラー」や新ウルトラバラマン、ジラフ等の実物を展示予定。当日はデモンストレーション等を行い、実際に見て、触ることが可能です。近年、この手の展示会に出展しておらず、久しぶりの大型の展示会。只今、全社を挙げて絶賛準備中!!招待状を用意しておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

展示会名 第2回次世代火力発電EXPO  http://www.thermal-power.jp/
開催期間 2018年2月28日(水)~3月2日(金)10:00~18:00 ※最終日のみ17時終了
場所 東京ビックサイト
小間場所 東7ホール E 57-60

ウインチの設置について

ときどきウインチの設置方法が分からない…というお問合せをいただきます。

基本的には充分な強度のある床面に、取付け穴径に適したアンカーボルトで固定していただければ大丈夫です!

Continue reading

© 2019 TOYOKOKEN

Theme by Anders NorenUp ↑