現場環境改善を更なる次元へ!!コラボシステム研究発表!!

 以前、このブログで、労働環境改善の画期的なアイデアとして、ロボット+ウルトラバラマン=コラボシステムをご案内致しましたが、その後も少しづつ研究を続けておりました。そこで、今回は、協働ロボットとウルトラバラマンを組み合わせたデモンストレーションをご紹介いたします。
 ご存知の通り、今現在、協働ロボットは、とても注目されております。しかし、可搬重量が小さい点がデメリットです。そこでウルトラバラマンの登場!このバラマンと組み合わせることにより、可搬重量不足を補い、能力以上の重量を持ち上げることを可能にします。以下のデモンストレーションは、いずれもロボットの能力以上の重量を運ぶ作業を盛り込んだ動画です。

デモ1:歯車のピックアンドプレイス 

 この動画は、協働ロボット単体では持ち上げることができない28kgの歯車部品を取り上げて、搬送(ピックアンドプレイス)しております。バラマンのアーム先端には、フック式のアタッチメントを取付け、歯車部品をすくい上げるようにしました。テーブルと歯車の位置・角度は、協働ロボットに装備されたカメラを用いて検出。歯車部品を取り上げ、別のテーブルに移載する作業をデモンストレーションしております。このように、協働ロボットの可搬重量不足をウルトラバラマンが補うことにより、能力以上のワークを搬送可能です。また、アタッチメントなどはバラマン側で設計製作する為、協働ロボットでは難しい様々なワークにも柔軟に対応可能です。

デモ2:歯車の受け渡し作業

 この動画では、人手による組立工程を含めた作業を想定しております。具体的には、自動でワークステーションなどから歯車部品を取り上げ、作業者へ受け渡し。その後、作業者は歯車を組み付け致します。これにより、自動化が難しい組立工程や、目視・ハンドリングよる検査工程、不定形なパレタイズ作業に対応が可能で、作業者がバラマン単体ですべての作業を行うことがなくなる=マルチタスク化されます。

デモ3:小物ピックアンドプレイス/プラケースの移載

 協働ロボットで小物を取り上げプラケースへ箱詰めし、さらに箱詰めしたプラケース自体をウルトラバラマンで移載する作業。小物は5kg。これらをプラケース(10kg)に満杯すると30kgになります。これにより、大掛かりになる段積みなどの空中搬送が簡素になり、フレキシブルに対応可能です。

デモ4:段ボールの吸着搬送

  30kgの段ボールを上面吸着搬送するコラボシステム。このコラボではバキュームをする吸着装置に、真空ポンプを搭載しております。この吸着装置の制御フロー(吸着on/offのタイミング、吸着搬送可能/不可の条件etc)は、ロボットコントローラーで決定しており、たとえば、アームの動作開始や吸着offなどのタイミングは、ロボットアームの位置決め完了と併せて吸着状態を条件に判断しております。よってバラマン側は、これまでご紹介した3つの動画と同じように、ワークの負荷(重量)を支えるだけの受動的な存在になっております。一見すると、バラマン側とロボット側で複雑なシーケンス回路が必要に感じられると思いますが、そういったことはございません。

 いかがでしょうか。思いのほか滑らかな動きをすることがご覧いただけると思います。これはウルトラバラマンに搭載された「ウルトラ制御」により実現しております。

 この制御は、常にワーク重量を感知・バランス状態を保つことが可能で、わずかな重量変化にも柔軟に対応できるので、協働ロボットに対して、上下方向の重量負荷を軽減させます。
 ただし、上下方向に水平方向を加えた立体的な動きをするとき、遠心力などにより協働ロボットに負荷がかかり動作停止しないよう、アームのスピード・動き(軌跡)を洗い出す作業は、なかなか大変で、何度も何度も繰り返し調整をしました。また、画像認識(カメラ)のノウハウがなく、実践しながらイチから勉強し、なんとかデモンストレーションに盛り込むことができました。このあたりは、協働ロボットに詳しい方であれば、比較的簡単に調整できると思います。
 
 今回の研究成果として、協働ロボットとウルトラバラマンとの組み合わせは、どちらのシステム(制御)にリンクさせる必要がなく、ほほ独立・単体での制御になるので、やりやすく、親和性が高いことがわかりました。
 
 なお、実際の現場へ導入するには、まだまだ研究する余地があり、今後、仕様・内容が変更になる可能性がございます。
 特に、上記動画は、あくまでデモンストレーションの為、柵などはございませんが、実際の導入となると、一部のエリアに安全柵や侵入センサー、非常停止スイッチを設けるなどのリスク評価に従った対策が必要です。またロボットのスピードも、作業者がロボットと共に一緒に働く協働モードの時は、スピードを落とさなければなりません。
 
 今後も引き続き研究開発していくのと同時に、上記4つのデモンストレーションのような作業があるのかどうか、そのニーズ・市場性を探っていきます。もし、ご興味ございましたら是非ご連絡ください

祝!!法面ウォーカー・NETIS登録!!

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。新年早々、コロナはおさまる気配がありませんが、弊社は負けずにガリガリ頑張っていく所存です。

 さて、2019年10月より販売を開始した法面ウォーカーですが、ついにNETIS登録が完了しました!!販売し始めてから、粛々と登録作業を進めており、ようやく昨年末に完了しました。

 登録までの道のりは長く厳しく、決められた大量の書類を記入・提出・修正したり、なかなか審査が通過しなかったりと、とても大変だったそうです(弊社技術部K氏談)。

NETIS番号 :KT-200125-A
新技術名称 :法面ウォーカー
登録日   :2020年12月8日

 NETISについては、こちらこちらに掲載されているので割愛しますが、今後、法面工事に活用していただき、安全な作業のお手伝いをさせていただきます!!

歴史が変わる?新しい時代の幕開け!?ベビーホイストにダブルリモコンタイプ・WRが新登場!!

 コロナ禍ですが、どのようにお過ごしでしょうか。時差出勤や在宅勤務、テレビ会議やオンライン飲み会など、これまでになかった新しい動き・システムが取り入れられ、定着しつつありますね。個人的にも、出張できないユーザー様とオンラインで打合せを行ったり、名刺交換をせず画面上で顔合わせ。あとはずっとオンライン会議で進行するプロジェクトなど、以前とは勝手が違い、戸惑うことが多いのが正直なところです。

 さて、今回は新製品のご案内です。弊社のベストセラー商品であるベビーホイストは、販売開始してから四十数年。これまで一台のベビーホイストに対して、ひとつの操作スイッチというのが標準でした。

 しかし、今回、二つの無線送信機で操作可能な「ダブルリモコンタイプ・WR」のベビーホイストを開発しました!!
 このダブルリモコンタイプは、離れた場所にいる作業者が、お互い、専用のリモコン(通称:ダブルリモコン)を使用することを想定。離れた場所で2箇所操作・作業は、従来のものより、とても便利で快適なうえ、作業効率化されます。
 また、ダブルリモコンには、「専有」ボタンを配置。「専有」ボタンが押されているリモコンのみが操作できるようになっており、作業時の誤操作等にも十分配慮した安全・安心設計です。

 是非、このダブルリモコンタイプのベビーホイストをお買い求めいただき、現場に新しい風を吹き込んでください!!

城趾のメンテナンスに当社荷揚機 が大活躍!!

某有名城趾のメンテナンス、漆喰の塗布作業で弊社荷揚機、AL4-MD7W2(特殊対応型)が利用されております!

広場から石垣と土塀と通路を超えて、バケツに入った漆喰をあげるため、梯子長を25mとし取り付け支柱を改造し足場材にクランプ出来る様に改造しています。

ユーザーは城趾メンテナンスも手がける地元の有名左官業者様。  
この度は紹介記事等掲載へのご快諾、誠にありがとうございました!


通常のAL4シリーズは梯子長およそ15mですが、ワイヤを長いものに変更し、支柱による梯子たわみ防止措置を行うことで通常以上の高さへ荷揚げすることが可能となります。 

※特殊改造となりますので、このような用途利用をご検討の方は弊社へ事前に御相談頂くよう、お願い申し上げます。

第2種無災害記録 達成!

トーヨーコーケンでは、品質や環境に対する活動はもちろんですが、
社員の安全や作業環境にも力を入れています。

2013年10月に第1種無災害記録を達成してから
7年後の今年4月に無災害記録240万時間に達成し、
第2種連続無災害記録を授賞しました!!

甲府労働基準監督署にて、記録証をいただきました!!

生産拠点である「山梨事業所」では常に安全衛生活動を実施しています。

安全意識向上のため、毎月安全衛生委員会を中心に社員による安全パトロールを実施し、危険個所に目を光らせています!!
社員が安全の重要性を認識して、安全作業を心掛けることで、
会社一丸となり労働災害防止に日々努めています!!(`^´)ゞビシッ‼

「毎月/安全パトロール」
「アダプトプログラム」

近頃は新型コロナウイルス感染拡大や最高気温40度越えの猛暑と厳しい日々が続いていますが、社員全員で危険な芽を摘み取り、次の目標である第3種連続無災害記録360万時間に向けて今後も努めていきます!!


今日も明日もゼロ災!よしっ!!(  ・`д・´)ノ”

« Older posts

© 2021 TOYOKOKEN

Theme by Anders NorenUp ↑