投稿者: 営業マンA (1ページ目 (5ページ中))

新しいコラボシステム動画を撮影しました!!(小物のピックアンドプレイス)

 夏の暑さも和らぎ、すっかり秋空ですね。こちらは先月から国際物流総合展やJapan Pack 2023の出展に向けて活動を行っており、先日、無事終了。多くのお客様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。特に、Japan Pack 2023では、新たなコラボシステムを出展。とても評判が良く、お褒めの言葉を多数頂き、これまで粛々と研究開発したものが花開いた感がございます。

 そこで、この展示機を基に、新たなコラボシステムの動画を撮影。改めて、コラボシステムの特徴をまとめたので、是非、ご覧ください!!

また、様々な角度から撮影したものは、こちらの再生リストにまとめました。

 なお、今後、この動画内のコラボシステムは、以下の展示会へ出展予定でして、それ以外は、基本的に弊社山梨工場へ常設展示します。もしご興味がございましたら、是非、お越しください。

モノづくりフェア2023
 2023年10/18(水)~20(金)
 会場 マリンメッセ福岡A館・B館
 弊社小間番号 B館 BN-68

・第6回 名古屋 オートモーティブ ワールド
 2023年10月25日(水)~27日(金)
 会場 ポートメッセなごや
 弊社小間番号:第1展示館 ホール1 6-2

 これからも様々な製品、システムを開発、ご提案していきますので、何卒宜しくお願い致します!!

Japan Pack 2023にコラボシステムを出展します!!

 いつもお世話になります!!まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
 さて、先日は国際物流総合展2023について書きましたが、今度は10月に開催されるJapan Pack 2023のご案内です。

 この展示会では、これまでずっと研究してきた、協働ロボットの可搬重量不足を補う画期的な方法、コラボシステムを初めて展示会でお披露目します!!
 一時期、弊社工場内で展示していたのですが、このような展示会に出展するのは、今回が初めて。この展示会では、以下のような小物のピックアンドプレイスを想定した展示機を出展します。

 

 上記動画は、協働ロボットが小物を取り上げプラケースへ箱詰めし、さらにそのプラケース自体をウルトラバラマンで移載する作業です。小物は5kg、これらをプラケース(10kg)に満杯すると30kgになります。本来であれば、ロボットと作業者が交互に作業しなければなりませんが、コラボシステムにより、ロボット単体で対応可能です。また、大掛かりになる段積みなどの空中搬送が簡素になり、フレキシブルに対応できます。ただ、この動画は、あくまで研究段階のものです。今回の展示機とは仕様が異なりますが、デモ内容は同一です。

 さて、ここからは、コラボシステムの研究結果について、少しご紹介します。これまで様々な検証を行ってきたコラボシステムですが、大きくまとめると、検討されるポイントは以下の4つだとわかってきました。

  1. 産業用ロボットよりもタクトタイムは遅いものの、コラボシステムを導入することにより、人手による作業と同じくらいか、少し早いか程度のタクトタイムであること。
  2. 産業用ロボットよりもスペースを小さくできること。
  3. 万が一、ロボットが止まった場合、人手でバラマンを操作することにより作業が可能。
  4. 産業用ロボットに比べてメンテナンスやティーチングが楽。(たとえるなら、柵の中に虎がいるか、子猫がいるかの違い!?)

 ロボット導入というと、どうしてもタクトタイムに目がいきがちですが、産業用ロボットは、安全柵が必要になる、大きなスペースが必要になるなど、大がかりになりがちです。その点、コラボシステムの場合、コンパクトにまとめることが可能で、タクトタイム以外の導入メリットが大きくなります。

 今現在、協働ロボットの導入が進むなか、コラボシステムは協働ロボットの活用方法、可能性を大きく広げるアプリケーションです。また、これまでバラマンは人が操作するものでしたが、いよいよロボットが操作する時代が到来しました。少し、言い過ぎかもしれませんが、是非、この時代の変わり目をご確認しに来てください!!

 

展示会名:JAPAN PACK 2023 日本包装産業展
場 所:東京ビックサイト(東京国際展示場)東展示棟22~6 ホール
会 期:2023 年10 月3 日(火)~6 日(金)
弊社小間番号:東5 ホール 5-114

(上記画像はあくまでイメージです)

国際物流総合展2023に出展します!!

 連日、暑いですね。こうも暑いと、仕事を離れて、海や川でビールを飲みながら水遊びしたいものですが、残念ながら、目下、展示会準備でバタバタしておりまして、水遊びは暫しお預けです。


 さて、その展示会ですが、弊社は9/13から東京ビックサイトで始まる国際物流総合展2023に出展致します。概要は以下の通りです。

展示会名 国際物流総合展2023
期間 2023/9/13(水)~2023/9/15(金)
弊社ブース番号 西2ホール 2P-06

 今回は2台のバラマンを出展致します。ひとつは袋物搬送用バラマンでベストセラーともいえるBMG-38Wをベースに、袋物だけでなく段ボールも搬送できるように吸着部分を交換式にしたものを展示。本機は従来機とは違い、未来のバラマンを予測したコンセプトモデルとして、外装やデザイン、配色を大きく変更しました。これ、手前味噌ですが、とてもカッコいいです!!(詳細はこちら)


 もう1台はBMF型バラマンの小型機種・U2BMF-38Wを出展。本機は新開発したもので、従来、BMF型は中型~大型機種しかなかったですが、可搬重量が小さい機種を開発。BMF型ならではの操作感を小さいワークでも対応できるようになり、ご提案できるバラマンを増やしました。さらに、本機は従来のエア制御ではなく、弊社の自信作・ウルトラ制御を搭載。ウルトラ制御によるオートバランス能力を是非体感してください。



 なお、ご来場には事前登録が必要です。詳しくは公式HPをご覧ください。皆様のお越しをお待ちしております!!

令和4年度エイジフレンドリー補助金が始まりました!!

こんにちは。久しぶりのブログです。

この数年、ブログやメルマガなどの文頭は、時節柄、コロナについてですね。なかなか収束することなく、むしろコロナと一緒の生活に慣れてきた感がございます。しかし、これから暑くなるので、できたらマスク着用はやめたい…でも、なかなかできそうにないですね。

さて、今回は、補助金の情報でございます。
先日5/11(水)、令和4年度のエイジフレンドリー補助金が公募開始しました。
エイジフレンドリー補助金は、厚生労働省が創設したもので、⾼齢者が安⼼して安全に働くことができるよう、中小企業事業者による職場環境の改善等の安全衛生対策の実施に対し補助を行うもので、令和2年度より始まりました。

「高齢者」「職場環境の改善」「安全衛生対策」…
このキーワードから、当初より、弊社の助力装置・バラマンが、本件にうまく合致するだろうと思っておりましたが、弊社・メーカー側からはなかなか概要がつかめませんでした。
しかし、回を重ねていくうちに、以下のようなことが判ってきました。

1.昨年(令和3年度)は、エイジフレンドリー補助金を活用してバラマンを導入した実績が数件あり。
2.あくまで弊社・メーカーの立場から、絶対に補助金が通るとは断言できない。あくまで申請される方(≒導入検討されているユーザー様)の書く申請書類の内容次第で、審査通過するか否かが決定。
3.決められた期間内にバラマンを完納しなければ、補助金が下りない。
4.実際に活用されたユーザー様曰く、ものづくり補助金よりも申請は簡単で楽だった。

上記のように、絶対に審査通過します、と弊社より言い切れない・少し中途半端なスタンスではございます。
しかし、実績を見る限り、申請書類の内容次第で、補助金が下りるチャンスが十分ございます。
また上記3は見落としがちな点でして、意外とバラマンは、検討・発注・納入まで時間がかかります。
特に、導入検討~仕様確定するまでに、現場打合せや検討を繰り返すので、時間がかかります。
昨年この点で、なかなか仕様がまとまらずかなり急いでバラマンを作り、なんとか納入したケースがございました。

ちなみにバラマンは、仕様にもよりますが、最低でもご発注後、約3か月程度かかります。
また、複雑な凝った仕様の場合、4か月や5か月といった場合もございます。そして、この期間は、あくまでご発注~ 納入までの期間でして、この前段階である仕様検討の期間は、含まれておりません。
上記のことから、新たなにバラマン導入検討される場合、早め早めのスタート、これを読み終わった後からのご検討をお勧め致します(笑)
また、過去、バラマンを検討したものの、導入コストの点から見送り・断念したケースがあるお客様には、是非、こちらの補助金のご活用はいかがでしょうか。
ちなみに個人的には、申請次第で、バラマンだけでなく、弊社の法面昇降アシスト装置「法面ウォーカー」も該当するのでは?と思っております。

是非、エイジフレンドリー補助金を使って、労働環境を改善し、働きやすい現場に変えていき、コロナ禍を乗り切りましょう!!

« Older posts

© 2024 TOYOKOKEN

Theme by Anders Noren上へ ↑