カテゴリー: 導入事例

城趾のメンテナンスに当社荷揚機 が大活躍!!

某有名城趾のメンテナンス、漆喰の塗布作業で弊社荷揚機、AL4-MD7W2(特殊対応型)が利用されております!

広場から石垣と土塀と通路を超えて、バケツに入った漆喰をあげるため、梯子長を25mとし取り付け支柱を改造し足場材にクランプ出来る様に改造しています。

ユーザーは城趾メンテナンスも手がける地元の有名左官業者様。  
この度は紹介記事等掲載へのご快諾、誠にありがとうございました!


通常のAL4シリーズは梯子長およそ15mですが、ワイヤを長いものに変更し、支柱による梯子たわみ防止措置を行うことで通常以上の高さへ荷揚げすることが可能となります。 

※特殊改造となりますので、このような用途利用をご検討の方は弊社へ事前に御相談頂くよう、お願い申し上げます。

広い作業現場を改善!!ホイスト型バラマン+レールシステム

ホイスト型バラマンは、ワイヤーホイストの外観でありながら、バランス機能を搭載。よって従来からあるバラマンのように、搬送物(ワーク)を作業者の手に近い感覚で扱うことが可能です。またワイヤーの先には、ワークに合わせた各種アタッチメントの設計製作が可能です。

袋物用上面吸着式アタッチメント

そして、簡易型手動レールシステムは、ランウェイとガーターレールを組み合わせ、天井や梁などに施工。ホイスト型バラマンは、広範囲の作業エリアをまかなうことができます。またレールシステムによっては、移動式門型のものがあり、天井や梁から吊り下げる必要がない為、設置が簡単です。

なお、弊社山梨工場では、参考動画のように、移動式門型レールシステムをデモ機として設置しております。ご興味がございましたら、お越しいただき、このスムーズな動きを体感してください。そして是非、現場への導入により、快適な作業環境を構築させていただきます。

重たい袋物を搬送するには、この助力装置です!!(袋物搬送用バラマン)

新型コロナの影響下、いかがお過ごしでしょうか。弊社も影響が大きく、在宅勤務・時差出勤など、新しい生活様式に移行しつつ、業務をすすめております。

さて、今回はバラマン(助力装置)の導入事例・袋物の搬送作業軽減で使用されているものをご案内致します。

本機は袋物(30kg程度)の搬送不可を軽減させ、多くの現場に導入されており、代表的なものは、米袋から原材料が入ったものなどの食品関係からケミカル関係のユーザー様など様々です。

操作はいたって簡単。軽く吸着パッドを押し当て、ハンドルについている1つボタンを押すと吸着を開始。吸着後、すぐに袋物の重量をバラマンが保持。あとは作業者の手で、楽に搬送することができるようになります。そして、袋物を着地させたあとは、ハンドルについている2つのボタンを同時に押すと吸着が外れます。

この一連の操作により袋物のパレタイズ・デパレタイズ(パレットに積み付ける・降ろす)作業が楽に・簡単になり、大きく作業改善されます。詳しくは動画を見ていただくと一目瞭然ですが、主な特徴は以下の通りです。

・操作が簡単。
・天井が低い現場で導入可能。
・ロボットなどとは違い、安全柵などが不要。
・他社のベルト型バランサー(助力装置)と違い、アーム式のため、作業性がよく取り回しがしやすい。

本機があれば、重労働から軽作業へと、楽に作業できるようになり、労働環境の改善になります。このデモ機は各営業所に設置。またデモンストレーション用のトラックをご用意(地域限定)しております。

作業半径の大きさや動力(ユーティリティ)の問題など、特殊対応も可能ですので、是非、お問い合わせください!!

マシニングセンター用バラマン

夏の暑さもおさまり、ようやく秋めいてきました。営業で外回りにするにもだいぶ身体が楽になってうれしいかぎりです。
さて、今日は、先月納入したバラマンの御礼でお客様のところを訪問してきました。なかなか現場の写真というのは守秘義務の問題で難しいのですが、今回、社長に無理言って一枚だけ撮影させていただいたのでご紹介します。
本機はマシニングセンターからワークを脱着する作業の軽減を目的に導入。もともとは人力、もしくは天井クレーンと永磁リフマを使って作業を行っておりました。しかし、人力だと前かがみの作業になり腰への負担が大きく、腰痛になりやすい。また天井クレーンだと、うまくワークをハンドリングできないといった問題がありました。
そこでバラマンの登場!!バラマンのアーム先端に永磁リフマをぶら下げてワークを吊るすことが可能。さらにバラマンのバランス機能を使うことにより、ワークを手作業に近い感覚でハンドリング。マシニングセンター内の狙った位置へワークを脱着することができるようになりました。この結果、現場から腰痛がなくなり、作業工程が遅れる等の意見がでなくなったと導入効果は絶大でした。
このところ、労働力不足・作業者の高齢化等から、マシニングセンターの作業だけでなく、ちょっとした重量の作業現場の改善が急務となっております。腰痛を我慢して、体力勝負・根性論では仕事がしずらくなってきた今、お困りのことがあれば、是非弊社へお任せください。そして、バラマンで仕事を楽にして、秋の夜長をのんびり過ごしましょう!?

© 2021 TOYOKOKEN

Theme by Anders NorenUp ↑